これは短縮 URL です。

「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
失踪中の父の債権者から請求が…

失踪中の父の債権者から請求が…

失踪中の父親の債権者から、突然父親の借金を返済しなければ相続人で
ある子の財産を差し押さえると言われたという事例も、たまにあります。

父親が失踪してから長期間経っており、死亡の事実も、債権者の督促で知ったということであれば、その督促を受けた時に、熟慮期間が始まります。

つまり、督促を受けてから3カ月以内に相続放棄の申立をすれば、債権者からの督促を回避できます。
差押すると言っても、一定の手続きが必要であるので、督促されたからと言って、焦ることはありません。
状況をよく確認して、速やかに相続放棄の申立の準備をしてください。

また、上記事例で、父親が失踪している状況(死亡の確認ができていない状態)で、ただ単に、父親の借金を支払えと債権者が言ってきた場合は、父親の債権を保証していない限り払う必要はありませんので、支払いを拒否してください。

このような場合に、失踪から7年以上経っている場合は、父親の不安定な権利関係を確定させる制度として、父親の失踪宣告(生死不明の者に対して、法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度)を家庭裁判所にすることができます。
そして、その後に相続放棄を申立るということも可能です。
そうすることにより、債権者からの面倒な督促から解放されますので、ご自身で悩まれる前に、まずはお気軽にお問い合わせください。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄のあれこれ

土日祝日は、メールでお問い合わせお願いします

zoomでカンタン オンライン相談

土日祝日は、メールでお問い合わせお願いします

最新情報

  1. 2022年9月9日

    受任していただいてからは、連絡もきちんとしてくださり、不安になることもありませんでした。

  2. 2022年9月9日

    大変丁寧なご対応頂き満足しております。

  3. 2022年7月13日

    実際に事務所に出向かずにメールや電話のやりとりのみで依頼できた

  4. 2021年11月22日

    金額よりも、不明点を質問しやすい方が後々良いと考え決めました。

  5. 2021年8月11日

    相続放棄に付随する問題にも親身にご教示いただき、問題解決のご対応が的確だと思った。

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒102-0083
東京都千代田区麹町6丁目2番地
麹町六丁目ビル2階
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る