「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
死亡後1年後に債権者から請求が…

死亡後1年後に債権者から請求が…

両親が離婚して、母親と生活をしていた子からの実際にあった
相談事例です。

死亡後1年後に債権者から請求

父親の債権者であるという金融機関から父が亡くなったので、相続人である、子に借金を払ってくれと請求がきました。
父が亡くなってから1年が経過しています。
両親が離婚してから20年以上父とは連絡を取っていません。
相続放棄できる期間は3カ月と聞いているのですが、相続放棄は、出来ないのでしょうか?

という相談でした。

相続放棄は、民法で自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に、放棄の申述をしなければならないと規定されています。
(この3カ月の期間を熟慮期間という)

「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは、被相続人の死亡の事実に加えて、被相続人の死亡によって、自己が相続人となったことを覚知した時とすべきであると考えられています。

ですから、相談の事例では、相続人は父と20年以上連絡をとっておらず、金融機関からの督促で初めて父の死亡の事実を知ったのですから、金融機関の督促があったときから、3カ月以内に相続放棄の申述申立てを裁判所にすれば、相続放棄ができる可能性があります。

死亡してから3カ月以内ということではないので、相続放棄をあきらめないでください。
相続放棄できるのか、判断に迷われている場合は、どうぞお気軽に当事務所へお問い合わせください。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄のあれこれ

最新情報

  1. 2017年5月20日

    朝8時だったにもかかわらず相談に乗ってくれて、信頼できると思いました!

  2. 2017年5月7日

    冷静かつ優しく適切な対応…かなり動揺していた私も、安心しておまかせすることができました!

  3. 2017年3月9日

    「受理率100%」とあったので、安心してお願いしました!

  4. 2017年2月1日

    解決事例を更新しました

  5. 2016年12月26日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る