「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
遺品の形見分けで相続放棄できなくなる?

遺品の形見分けで相続放棄できなくなる?

相続放棄する前に、遺品の形見分けをしても大丈夫ですか?

という質問を受けることがあります。

民法921条で、どのような場合に単純承認をしたとみなすかを定めています。
つまり、相続放棄できなくなる場合を定めています。
形見分けについては、民法921条3号の相続財産を「隠匿」したとして、相続の単純承認となり、相続放棄ができなくなるのかという問題があります。
常識の範囲内における形見分けであれば、相続放棄上の問題とはなりません。

判例によれば、

「相続人が、被相続人の一定の財産価値を有する遺品のほとんどすべてを持ち帰った行為は、形見分けを超えるものであり、民法921条3号の「隠匿」にあたる。」

としています。

つまり財産的な価値が一定程度ある遺品については形見分けと認定されない可能性があるのでご注意してください。
形見分けと思っていても、場合によっては、相続放棄できなくケースもありますので、判断に迷った場合は、専門家に問い合わせされることをお勧めします。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄のあれこれ

最新情報

  1. 2017年5月20日

    朝8時だったにもかかわらず相談に乗ってくれて、信頼できると思いました!

  2. 2017年5月7日

    冷静かつ優しく適切な対応…かなり動揺していた私も、安心しておまかせすることができました!

  3. 2017年3月9日

    「受理率100%」とあったので、安心してお願いしました!

  4. 2017年2月1日

    解決事例を更新しました

  5. 2016年12月26日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る