「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
相続放棄後の財産管理

相続放棄後の財産管理

「相続放棄した後の家財等はどうしたらよいのでしょうか?」
という質問を受けることがあります

相続放棄をすると、このようなことが気になると思います。

相続放棄をした人は、

その放棄により相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもってその財産の管理を継続する義務を負う

こととされています。

相続人は、相続を放棄した場合、初めから相続人にならなかったものとみなされ、相続財産の管理義務は相続の放棄により消滅します。

しかし、相続の放棄をした者が相続財産の管理義務を免れるとすると、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまでの間、相続財産が無管理状態となり、他の相続人や次順位相続人、相続債権者、受遺者等に損害を与えるおそれがあります。
そこで、無管理の状態による相続財産の滅失毀損を防ぐため、相続放棄をした者は、その放棄により相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、相続財産の管理を継続する義務を負うものとされています。

では、相続人全員が放棄した場合は、どうなるのでしょうか??

相続人全員が相続放棄をした場合、裁判所から相続財産管理人を選任してもらい財産の清算をしてもらう方法があります。
これが手続き的には、万全でよいのですが、予納金を裁判所に納める必要がるので、実際は現実的でないと思われます。
また、相続放棄をしても財産について一定の管理義務がありますので、財産管理に負担のかかることが予想される場合は、裁判所に相続財産管理人を選任してもらい財産の清算をしてもらうことを検討したほうがいいでしょう。
但し、コストがかかりますので多角的に比較検討して手続きを選択する必要があります。

相続財産管理人の選任申立についても当事務所にてご相談を受け付けております。
お気軽にご相談ください。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄の応用知識

最新情報

  1. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  2. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  3. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  4. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  5. 2017年12月27日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る