「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
2. 離婚した夫が死亡し、未成年の子に債権者からの督促があった事例 (東京都K様)
  • 2016.11.24

離婚した夫が借金を残し死亡し、死亡の事実と借金がある事実は、全く知らず、1年半後に金融機関からの子供への督促で元夫の死亡の事実と借金の事実を知ったというご相談でした。
死亡後から3か月経過しているが、相続放棄できるのかを心配されていました。

相続放棄の3カ月の起算点は、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから」と民法915条に定められています。
この場合、親権者である母親が、離婚した夫の死亡の事実・借金があったことを知ったときからとなります。
ですから、金融機関の督促日から、三ケ月以内に相続放棄をすれば、相続放棄は受理されます。その後申し立てをし、無事に、相続放棄が受理されました。

最新情報

  1. 2021年8月11日

    相続放棄に付随する問題にも親身にご教示いただき、問題解決のご対応が的確だと思った。

  2. 2021年5月5日

    事務所移転のお知らせ

  3. 2020年11月24日

    メールや書面で分かりやすくご教示頂きましたので、特に不安などなく安心してお願いできました。

  4. 2020年10月16日

    事務所に1度もいく事もなく、全て電話、メール、郵送で解決していただいて感謝です。

  5. 2020年6月29日

    非常に安心してお任せすることができました。

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒102-0083
東京都千代田区麹町6丁目2番地
麹町六丁目ビル2階
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る