「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
1. 離婚した夫が死亡し、未成年の子が相続放棄する事例 (東京都O様)
  • 2016.11.24

離婚した夫が借金を残し死亡し、死亡の事実と借金がある事実を死亡後すぐに知ったというご相談でした。 誰が申立人になるのか、裁判所からの照会に対して、だれが回答するのかを特に心配されていました。

親権者を妻として離婚していたので、母親が親権者の立場で、申立をし、裁判所からの照会にも親権者である、母親が回答して、相続放棄が受理されました。
なお、この事例の場合、相続放棄の3カ月の起算点は、親権者である母親が、離婚した夫の死亡の事実・借金があったことを知ったときからとなります。

最新情報

  1. 2020年11月24日

    メールや書面で分かりやすくご教示頂きましたので、特に不安などなく安心してお願いできました。

  2. 2020年10月16日

    事務所に1度もいく事もなく、全て電話、メール、郵送で解決していただいて感謝です。

  3. 2020年6月29日

    非常に安心してお任せすることができました。

  4. 2020年5月25日

    オンライン相談に対応

  5. 2019年12月26日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る