「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
相続放棄の受理についての裁判所の基本的な考え方

相続放棄の受理についての裁判所の基本的な考え方

裁判所の基本的な考え方

 
相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に、放棄の申述をしなければいけません。

そして、相続放棄は裁判所の受理審判によって効力が生じます。
不受理が確定すると、相続人は不受理を争う手段を失い、その不利益は大きいものです。

相続放棄の制度は、本来、相続により発生する損害から相続人を守るために、相続発生の効果を拒否する権限を相続人に与えた制度であることから、家庭裁判所の実務は、相続放棄の申述をなるべく受理する方向で運用されています。(福岡家小倉支審平2・7・20)

相続放棄申述の受理に際し、形式的には要件を具備しないように見える場合でも、実質的に審理すれば要件を具備する場合もあるので、相続放棄申述の受理に際しては実質的な要件についても家庭裁判所に審理権限があるものとして運用しています。

そのうえで、一応の審理をした結果、要件の欠缺が明白でなければ、家庭裁判所は相続放棄の申述を受理しているのです。

もっと端的にいうと、相続放棄の申述の申立は、却下すべきことが明らかでない限り、受理するという運用がされているのです。

ただし、ここで注意しなくてはならないのは、相続放棄の申述が実体要件を欠いている場合は、後で債権者から争われることがあるということです。

要件が満たされているか、判断がわからないという方もいらっしゃると思います。

その際には、どうぞお気軽に当事務所へご相談ください。

 
分割払OK
 

相続放棄の豆知識

最新情報

  1. 2020年10月16日

    事務所に1度もいく事もなく、全て電話、メール、郵送で解決していただいて感謝です。

  2. 2020年6月29日

    非常に安心してお任せすることができました。

  3. 2020年5月25日

    オンライン相談に対応

  4. 2019年12月26日

    年末年始の営業

  5. 2019年12月4日

    色々話を聞いていただき心が軽くなって安心しました。

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る