これは短縮 URL です。

「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
成年後見人が被後見人のために相続放棄する場合の3カ月の起算点

みなさんこんにちは。司法書士の小山です。

さて、今日は最近あった相談事例をご紹介します。

成年後見人(親族が1か月ほど前に就任)に就任したのですが、被後見人の母親が半年位前になくなっていて、母親の入院費の未払いや、金融機関への債務があったそうです。その場合、母親が死亡して半年経っているので、相続放棄できないのでしょうか?という相談でした。

上記事例での相続放棄の3か月の起算点は、成年後見人が、相続開始を知った時からということになります。つまり、ただ単に、相続開始を知った時でなく、負債等の財産について、知った時からと考えて良いと思います。

ですから、今回のケースでは、後見人に就任して、負債等を把握してから3カ月以内に相続放棄すれば、相続放棄が受理されると考えます。成年後見人としては、被後見人が不利益になるようなことは避けるべきですから、相続放棄を選択するべきだと思います。

以上のようにアドバイスしました。

相続放棄の無料相談会も実施していますので、是非ご利用ください!!

新宿 代々木 小山毅司法書士事務所

最新情報

  1. 2021年8月11日

    相続放棄に付随する問題にも親身にご教示いただき、問題解決のご対応が的確だと思った。

  2. 2021年5月5日

    事務所移転のお知らせ

  3. 2020年11月24日

    メールや書面で分かりやすくご教示頂きましたので、特に不安などなく安心してお願いできました。

  4. 2020年10月16日

    事務所に1度もいく事もなく、全て電話、メール、郵送で解決していただいて感謝です。

  5. 2020年6月29日

    非常に安心してお任せすることができました。

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒102-0083
東京都千代田区麹町6丁目2番地
麹町六丁目ビル2階
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る