「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)

祖父が亡くなり、(祖父の子である父が既に他界)孫である私が相続人になるのでしょうか??という質問をうけることがあります。

これを代襲相続というのですが(詳しくはこちら)、祖父が死亡し、相続が開始した時点で、祖父の子である父が死亡している場合は、孫である方が相続人になります。

ですから、債務を相続してしまうということもあり得ます。

おじいちゃんの財産を相続するなんて、想像できなかったという声を聞きます。それが、債務を相続することになってしまったら、「なぜおじいちゃんの債務を払うの??」と納得できない方もいらっしゃると思いまが、民法で代襲相続という決まりがあるので、相続することになります。

上記のような場合に、債務が多い場合は、相続放棄をするという選択肢もありますので、とにかく、代襲相続ということもあるという事を知っておいて頂ければと思います。

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から、3か月以内に申し立てなければなりませんので、代襲相続に限らず、不明な点がありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

最新情報

  1. 2019年8月5日

    夏季休業のお知らせ

  2. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  3. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  4. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  5. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る