「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
失踪中の父の債権者から請求が…

失踪中の父の債権者から請求が…

失踪中の父親の債権者から、突然父親の借金を返済しなければ相続人で
ある子の財産を差し押さえると言われたという事例も、たまにあります。

父親が失踪してから長期間経っており、死亡の事実も、債権者の督促で知ったということであれば、その督促を受けた時に、熟慮期間が始まります。

つまり、督促を受けてから3カ月以内に相続放棄の申立をすれば、債権者からの督促を回避できます。
差押すると言っても、一定の手続きが必要であるので、督促されたからと言って、焦ることはありません。
状況をよく確認して、速やかに相続放棄の申立の準備をしてください。

また、上記事例で、父親が失踪している状況(死亡の確認ができていない状態)で、ただ単に、父親の借金を支払えと債権者が言ってきた場合は、父親の債権を保証していない限り払う必要はありませんので、支払いを拒否してください。

このような場合に、失踪から7年以上経っている場合は、父親の不安定な権利関係を確定させる制度として、父親の失踪宣告(生死不明の者に対して、法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度)を家庭裁判所にすることができます。
そして、その後に相続放棄を申立るということも可能です。
そうすることにより、債権者からの面倒な督促から解放されますので、ご自身で悩まれる前に、まずはお気軽にお問い合わせください。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄のあれこれ

最新情報

  1. 2017年10月4日

    解決事例を更新しました

  2. 2017年5月20日

    朝8時だったにもかかわらず相談に乗ってくれて、信頼できると思いました!

  3. 2017年5月7日

    冷静かつ優しく適切な対応…かなり動揺していた私も、安心しておまかせすることができました!

  4. 2017年3月9日

    「受理率100%」とあったので、安心してお願いしました!

  5. 2017年2月1日

    解決事例を更新しました

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る