「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
相続放棄の申立をしなくても相続を放棄する方法(事実上の相続放棄)

相続放棄の申立をしなくても相続を放棄する方法(事実上の相続放棄

家庭裁判所に相続放棄の申立をしなくても
相続放棄と同様の効果を実現する方法はあるのでしょうか?

以下の方法で、相続放棄と同様の効果を実現できます。

以下を「事実上の相続放棄」と呼びます。

①遺産分割協議で自己の遺産取得分を無しとする合意をする。
②生前に相続分を超える贈与を受けていた場合に、相続分がないことの
 証明書を作成する。

特別受益証明書といいます)
③相続分を譲渡・放棄する。

なお、事実上の相続放棄は、多数の相続人がいる場合に、活用されることが多いですが、法定の相続放棄の効力は、「絶対的で、だれに対しても、登記等なく効力を生じる」とされているのに対し、事実上の相続放棄は、このような効力はなく、第三者に対抗することは できません。
また、相続財産に債務が含まれる場合には、債権者に対して、自らが債務を相続しないことを主張できないことがありますので、注意が必要です。

※ 相続分の譲渡:相続開始後、遺産分割協議前に、自己の相続分を第三者に譲り渡すこと。
※ 相続分の放棄:相続開始後、遺産分割協議前に、自己の相続分を放棄すること。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄の応用知識

最新情報

  1. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  2. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  3. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  4. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  5. 2017年12月27日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る