「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
相続放棄と連帯保証

相続放棄と連帯保証

お客さまからの相談で、

夫の住宅ローンの連帯保証人になっているのですが、夫が死亡し、
連帯保証人である私に請求がきました。
(団体信用生命保険に入っていない事例)
ローンの返済が出来るほど余裕がないので、家を手放すのは、
やむを得ないですが、相続放棄をすれば、債務を免れることは
できますか?

というものがありましたので、相続放棄と連帯保証のことをまとめてみました。

1:相続人が、被相続人の連帯保証人になっていた場合

相続が開始することにより、被相続人が負っていた、債務が相続人に引き継がれます。
相続人は、相続放棄手続きをすることによって、この債務を引き継がないものとすることが出来ます。
しかし、相談のケースのように、相続人が被相続人の連帯保証人になっていた場合、上記の相続債務とは別に、保証契約に基づく連帯保証人としての義務があります。
この連帯保証人としての義務は、相続によって引き継いだわけでは無く、相続人自身が元々負担していたものです。
したがって、相続放棄をしても、連帯保証人としての義務には何の影響は無いのは当然のことです。
したがって、連帯保証人である相続人が債務の支払いをするか、万が一債務の支払いが出来ない場合には、その相続人自身が債務整理(自己破産等)をすることになります
 

2:被相続人が、第三者の連帯保証人になっていた場合

被相続人が第三者の連帯保証人になっていた場合はどうでしょうか?
相続人に引き継がれるのは、保証契約に基づく連帯保証人としての義務です。
相続人が相続放棄の手続きをすれば、被相続人が負っていた義務を引き継ぐことは無くなりますから、連帯保証人としての借金の支払い義務からも逃れることができます。
ただし、相続放棄をすれば、被相続人に属していた権利義務のすべてを引き継がないこととなりますので、その他財産があった場合は、相続できないということになります。
 
 

 
分割払OK
 

相続放棄の応用知識

最新情報

  1. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  2. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  3. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  4. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  5. 2017年12月27日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

相続放棄の基礎知識

相続放棄の基礎知識

相続放棄の応用知識

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る