「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
14. 両親が離婚し、その後父と生活していた子(離婚後成人した)に、市役所から「固定資産税に係る相続人代表者指定届の提出について」と題する書面が届いた事例(東京都狛江市K様)
  • 2017.3.19

母が亡くなりました。
両親は離婚し、離婚後は父と生活をしており、母とは全く連絡を取っていなかったのですが、突然、母の死亡を警察から知らされました。
その数か月後、市役所から「固定資産税に係る相続人代表者指定届の提出について」と題する書面が届いて、母の財産があることが判明しました。
その不動産を相続しても、全く違う地域で生活しているので、固定資産税の負担がかかり困ってしまいます。
また、母に債務があったら困るので、相続放棄をしたいのですが、死亡から3カ月経過していても、放棄できるかどうかということで相談を受けました。

被相続人(母親)の死亡の事実は、知っていたが、疎遠になっていたため財産状況を把握していない場合、その後の市役所の通知で初めて知った場合等は、その通知を受け取り、財産の存在がわかった時点から、3カ月以内に相続放棄をすることは可能であると判断し、相続放棄の申立をすることになりました。
相続開始後に、財産の存在を知った事情等を相続放棄申述書に詳細に記載し、相続放棄が無事に受理されました。

最新情報

  1. 2017年10月4日

    解決事例を更新しました

  2. 2017年5月20日

    朝8時だったにもかかわらず相談に乗ってくれて、信頼できると思いました!

  3. 2017年5月7日

    冷静かつ優しく適切な対応…かなり動揺していた私も、安心しておまかせすることができました!

  4. 2017年3月9日

    「受理率100%」とあったので、安心してお願いしました!

  5. 2017年2月1日

    解決事例を更新しました

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る