「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
15. 両親が離婚し、その後母と海外で生活していた子(未成年)に、親族から父が死亡し、債務があると連絡があった事例海外に居住している方も対応可能(オーストラリア居住 K様)
  • 2017.10.4

夫と離婚し、子供と一緒にその後オーストラリアで生活していたのですが、夫の親族から、突然、夫の死亡と借金があると連絡がありました。色々調べ相続放棄した方が良いことがわかりましたが、死亡から3か月経過していたし、海外に住んでいたので、どうすれば良いか全くわからないとうことで相談を受けました。

海外に住んでいても、弊所では対応可能であると伝え、相談を受けました。
裁判所にも、事前に相談し、問題ないことを確認しました。EMS郵便と電話を使い手続きを進めました。
死亡の時から3カ月経過していることについては、死亡の連絡があった時点から、3カ月以内に相続放棄をすることは可能であるので、そこから3カ月以内でしたので、相続放棄の申立が出来るという判断をしました。
相続放棄申述書を提出した後に、照会が裁判所からあるのですが、これも、国内より郵便が届くのに時間がかかりますが、裁判所はそれも考慮して、回答の期限を設定してくれます。ですから、海外に住んでいるからと言って心配はありません。ただし、事前に裁判所へ相談した方が良いので、やはり、専門家に依頼した方が良いと思います。
その後、相続放棄が無事に受理されました。

最新情報

  1. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  2. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  3. 2017年12月27日

    年末年始の営業

  4. 2017年11月14日

    電話での対応も優しく丁寧で、色々ことを教えて下さり、とても心強く、安心できたので、依頼しました。

  5. 2017年11月10日

    お客様の声のページを更新しました

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る