「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
申述書に押す印鑑について

皆さん、こんにちは。司法書士の小山です。

さて、先日、申述書に押す印鑑は、認印で大丈夫でしょうか??という問い合わせを頂きました。

「認印で大丈夫です」というのが回答ですが、相続放棄の申述書に限らず、裁判所に提出する書類に実印を押印するというものは、ほとんどないと思います。

注意して頂きたいのは、、申述した後の、照会書への押印も同じ印鑑を使用して頂くのがベストだと思います。

裁判所では、相続放棄だけでなく、その他の申立や裁判で、申立時や訴え提起時に使用した印鑑で、その後に提出する書類に押印するというのが、実務上のルールになっています。

恐らく同一人が、書面を提出しているという事を確認する意味があると思います。

以上のように、実印でなくても良いですが、同一事件では、同じ印鑑を使用するのが、実務上の取扱いです。

相続放棄に関する、ご相談は、無料相談会を行っていますので、是非ご利用ください。

新宿・代々木  小山毅司法書士事務所

最新情報

  1. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  2. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  3. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  4. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  5. 2017年12月27日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る