「相続放棄」専門!安心の受理率100%!

 
文字サイズ変更標準
menu
成年後見人が被後見人のために相続放棄する場合の3カ月の起算点

みなさんこんにちは。司法書士の小山です。

さて、今日は最近あった相談事例をご紹介します。

成年後見人(親族が1か月ほど前に就任)に就任したのですが、被後見人の母親が半年位前になくなっていて、母親の入院費の未払いや、金融機関への債務があったそうです。その場合、母親が死亡して半年経っているので、相続放棄できないのでしょうか?という相談でした。

上記事例での相続放棄の3か月の起算点は、成年後見人が、相続開始を知った時からということになります。つまり、ただ単に、相続開始を知った時でなく、負債等の財産について、知った時からと考えて良いと思います。

ですから、今回のケースでは、後見人に就任して、負債等を把握してから3カ月以内に相続放棄すれば、相続放棄が受理されると考えます。成年後見人としては、被後見人が不利益になるようなことは避けるべきですから、相続放棄を選択するべきだと思います。

以上のようにアドバイスしました。

相続放棄の無料相談会も実施していますので、是非ご利用ください!!

新宿 代々木 小山毅司法書士事務所

最新情報

  1. 2019年4月22日

    わからないことも1つ1つ丁寧に教えて下さりしました。

  2. 2019年2月13日

    回答も迅速でとても満足致しました。

  3. 2018年8月9日

    夏季休業のお知らせ

  4. 2018年3月24日

    とても親切で本当に依頼して良かったと思います。

  5. 2017年12月27日

    年末年始の営業

 

更新情報一覧はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

当相談室の解決事例

当相談室の解決事例

基礎

相続放棄の基礎知識

応用

相続放棄の応用知識

相続放棄用語集

相続放棄用語集

相続放棄の豆知識

相続放棄の豆知識

運営情報

小山毅司法書士事務所

公式HPはこちら

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号
羽田ビル503
TEL : 03-6276-2920
FAX : 03-6276-2921

ページ上部へ戻る